海洋散骨 わたつみ

興徳寺の海洋散骨・永代供養

美しい自然に還りたい。大好きな海で眠りたい。

海洋散骨は、祭祀の目的をもって、故人の火葬したあとの焼骨を海洋上に散布することをいいます。
「美しい自然に還りたい」「大好きな海で眠りたい」といった故人の意志や、
様々な事情でお墓に入れない、お墓を持てないという悩みをお持ちの方にも最適な方法です。

興德寺の海洋散骨
「わたつみ」は
海洋で僧侶が儀礼を執り行い、
遺骨の一部を残し、
永代供養させて頂きます

故人が望んだ海洋散骨でも、遺族はお骨が残らないことで
喪失感を味わうこともあります。
海洋散骨「わたつみ」は遺族の気持ちにも寄り添い、
また海洋にお墓参りに行く負担の軽減のため、
遺骨の一部を興德寺に残し永代供養させて頂きます。

興徳寺の海洋散骨「わたつみ」の流れ

  • 1.打ち合わせ

    事前に、散骨する海や日程などの打ち合わせをします。故人とご遺族の想いをお聞かせください。生前申込も受付けております。

  • 2.散骨・献花

    海洋散骨が可能な海で、ガイドラインで定められた海域まで行き、パウダー化したお骨を海洋に散布し、献花します。

  • 3.お経

    興德寺の海洋散骨「わたつみ」では船上にて僧侶による儀礼を執り行います。

  • 4.永代供養

    興德寺境内の合葬墓「切り株」にお骨の一部を収め、永代供養いたします。

    合葬墓「切り株」について

興德寺住職は日本海洋散骨協会の
認定アドバイザーです

環境保全、安全確保、海を生業とする方や近隣市民とのトラブル防止などの観点から、
一般社団法人日本海洋散骨協会で定められた以下のようなガイドラインを守って海洋散骨を執り行います。
ご安心してご相談ください。

  1. 遺骨の粉末化(1mm〜2mm程度)
  2. 海岸ではなく沖に(人が立ち入ることができる陸地から1海里以上離れる)
  3. 散骨のために出航した船舶において散骨を行う(フェリー・遊覧船・交通船などでは行わない)
  4. 養魚場・養殖場、航路を避ける
  5. 自然に還らない副葬品(金属・プラスチック・ビニールなどの人工物)は撒かない
  6. 花を海に手向ける場合はセロハンで撒いた花束を禁じ花びらだけにする
  7. 参列者の安全確保をする(保険の加入義務など)

樹木葬について

境内に広がる水と緑の庭園は、近隣の方々の憩いの場として親しまれており、
そこに新たにシンボルツリーの下で自然に還る、樹木葬墓地が生まれました。

詳しくはこちら